←トップ頁へ

和名 クジャクソウ
漢字表記 孔雀草
別名・異名 フレンチ・マリーゴールド
古名
語源 16世紀に原産地メキシコからヨーロッパに紹介され、特にパリの王宮の庭園に多用されたことからフレンチの名がついたという。/属名は神話に登場するEtruriaの美しい神Tagesの名に因んでいる。/種小名は「散開の」の意。
学名 Tagetes patula
英名 marigold
仏名 souci
独名 Ringelblume
伊語名 calendola
西名 caléndula
葡名
漢名 臭芙蓉
植物分類 キク科マンジュギク属
園芸分類 一年生草本
用途 路地植え/鉢植え/切り花 フレンチ系クィーン・ソフィア種
原産地 メキシコ
花言葉 若くても大人のように用心深い
解説 クジャクソウは、キク科の一年草である。我が国の園芸界では一般的にフレンチ・マリーゴールドの名で流通している園芸植物である。マリーゴールドの中でも比較的矮性種である。草丈は20~45㎝程度で、花径も3~6㎝程度。盛んに分枝するので、株全体が盛り上がった雰囲気となる。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考