←トップ頁へ

和名 クジャクサボテン
漢字表記 孔雀仙人掌
別名・異名 オーキッドカクタス
古名
語源 和名は、開花時の花姿からの命名と推測される。/属名は、ギリシャ語のepi(~の上)とphyllum(=葉)の合成語からで「葉上生の」の意。
学名 Epiphyllum Hybrid.
英名 Orchid Cactus
仏名 épiphylle
独名 Blattkakutus
伊名
西名 Orquidea cacto,Hoja cacto 岐阜県高山市にて
葡名 Cacto-orquidea,Dama-da-noite
漢名 孔雀仙人掌
植物分類 サボテン科クジャクサボテン属
園芸分類 多年生草本(多肉植物)
用途 鉢植え
原産地 園芸作出品種
花言葉 風刺、快楽、はかない夢
解説 サボテンと言えば乾燥地の植物というイメージが強いが、クジャクサボテンは南米の高温多湿の森林が原産地である。厳密に言えば、クジャクサボテンは着生種であり、我が国でも「月下美人」として知られている原種を初め多数のサボテンの交配によって作出された園芸品種と言うことになる。今日、クジャクサボテンとして作出された園芸品種は1000種類を超えるという。
履歴 渡来時期不詳。  
県花・国花
古典1
古典2 群馬県館林市にて→
季語
備考