←トップ頁へ

検索名 グロッチフィルム・リングイフォルメ 
和名 ホウロク
漢字表記 宝禄
別名・異名 グロッチフィルム・リングイフォルメ
古名
語源 和名の語源不詳。中国名の音読みからとも推測できる。/属名はギリシャ語のgrosso(=舌)とphylum(=葉)の合成語からで、葉の形状が説状であることを示している。/種小名も「舌状の」の意。
学名 Glottiphyllum linguiforme
英名
仏名  撮影者:東京都 中村利治様
独名  撮影地:筑波実験植物園
伊名
西名
葡名
漢名 寶祿
植物分類 ハマミズナ科(←ツルナ科)グロッチフィルム属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 南アフリカ
花言葉
解説 グロッチフィルム・リングイフォルメはハマミズナ科(←ツルナ科)の多肉植物である。我が国の多肉植物愛好家の間ではホウロク(宝禄)の名で親しまれ、愛倍されている。本種の属するグロッチフィルム属は南アフリカのケープ州に60種近くの自生が確認されているという。典型的な多肉質の葉を対生して伸ばす。一見して、無茎植物のように似見えるが、下葉が枯れてしまうと徐々に茎を形成するという。葉は長楕円状~へら形である。葉の長さは10㎝程度となる。この属の花はどれも輝黄色で結実しやすく、しかも交雑しやすいという特徴を有する。本種の花も掲載した写真に見られるように径5㎝程度の鮮黄色の舌状花を周囲に多数つけて、中央部の雄蘂群も同色となる。 開花期は秋。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考