←トップ頁へ

和名 グロッバ・シャーウッディアナ  撮影者:東京都 中村利治様
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名は、インドネシア語のgalobaを語源としている。/種小名は、採取者Sherwood氏(詳細不詳)への献名。
学名 Globba sherwoodiana
英名
仏名
独名 撮影地:筑波実験植物園
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ショウガ科グロッバ属
園芸分類 多年性草本
用途 鉢植え/温室栽培向き/薬用
原産地 ミャンマー
花言葉
解説 グロッバ属はショウガ科の多年草で、インドから東南アジアに自生が見られる。シャーウッディアナ種はミャンマー産で、近年発見されたこの属の新種である。葉姿はショウガに似ており、草丈は50㎝前後。花期は7~10月。穂状花序は下垂し、白色の苞と黄色い花弁とのコントラストが美しい。葉姿並びに開花の様子は、我が国の園芸界でもよく知られているグロッバ・ウィニティ’ホワイト・ドラゴン’種に良く似ている。
履歴 渡来時期不詳。  
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考