←トップ頁へ

和名 グリスクロカリーオン・アウレウム
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名はギリシャ語のglischro(=膠質の、粘着質の)とcaryon(=果実)の合成語から。、veronica(=クワガタソウ属)とastrum(=似る)の合成語。/種小名は、「金色の」の意。
学名 Glischrocaryon aureum
英名 Common popflower 撮影者:愛媛県 日原由紀子様
仏名
独名
伊名 撮影地:西オーストラリア州
西名 スターリングレンジ国立公園
葡名
漢名
植物分類 アリノトウグサ科グリスクロカリーオン属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 グリスクロカリーオン・アウレウムは、アリノトウグサ科の多年草である。本種は、オーストラリア大陸の西部地域に集中して自生が見られるが、一部の南部地域や中央部の内陸部にも分布が見られる野草である。草丈は、25~75㎝程度となる。葉は、長さ0.6~6㎝程度の線形~狭楕円状で茎に互生する。原産地のオーストラリアでは、8~9月頃、茎上部に長い円錐花序を出し、7~30個程度の花をつける。花は長さ1㎝前後程度の黄色い筒状花である。花冠は4裂する。蕊は、花冠より長く外に突き出る。花後の果実は、長さ7.5~11.5㎜程度の楕円形で、茶褐色に熟す。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
備考