←トップ頁へ

検索名 グリーンオランダプラント
和名 ミズトラノオ  
漢字表記 水虎尾
別名・異名 グリーンオランダプラント
古名
語源 和名は、湿地に経ていて、トラノオ状の花序を持つことから。/属名は、ギリシャ語のpogon(=髭)とstemon(=雄蕊)の合成語から。/種小名は「東京大学の植物分類学者だった谷田部良吉教授の」の意。
学名 Pogostemon yatabeanus(=Eusteralis yatabeana)
英名 Green Hollandia plant  筑波実験植物園にて
仏名
独名
伊名 撮影者:東京都 中村利治様
西名
葡名
漢名
植物分類 シソ科ミズトラノオ属
園芸分類 多年生草本
用途 アクアリウム栽培
原産地 日本/朝鮮半島
花言葉
解説 ミズトラノオは、シソ科の多年草である。概して湿地や沼地等に自生の見られる野草である。草丈は、30〜50p程度に。匍匐茎を走らせ茎を立ち上げ群落をつくる。茎は柔らかく、葉は長さ5p前後程度の線形〜線状披針形で、3〜4枚が輪生する。8〜10月頃、茎頂に長さ2〜8p程度の花穂を出し、淡紅色の小花を密生させる。花冠は長さ3〜4o程度の小花で、4裂する。雄蕊は花弁の外に突き出す。近年水草栽培用植物の流通にはグリーンオランダプラントの名で流通している。
履歴 環境省RDB:環境省絶滅危惧U類(VU)
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考