和名 グリークオレガノカリテラ
漢字表記
古名
別名・異名
語源 和名は英名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のoros(=山)とgnos(=喜び、素敵なもの)の合成語から。/種小名は「通常の、一般的な」の意。/亜種名は「有毛の」の意。
学名 Origanum vulgare ssp. hirtum
英名 Greek oregano calithera
仏名
独名 撮影者:東京都 中村利治様
伊名 撮影地:筑波実験植物園
西名
葡名
漢名
植物分類 シソ科ハナハッカ属
園芸分類 多年生草本
用途 ハーブ/薬用/殺菌剤/精油
原産地 中央アジア~ヨーロッパ
花言葉 実質
解説 グリークオレガノ・カリテラはシソ科の多年草である。本種はワイルド・マジョラムから選抜された毛深い品種である。草丈は60~80㎝程度。茎は直立し有毛。葉は広卵形で全縁、先端部は幾分尖り、茎に対生する。茎や葉は白色の短細毛に覆われる。5~7月頃に円錐状の花穂を見せる。花は、白色の小花である。
履歴 渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考