←トップ頁へ

和名 グレートモス
漢字表記
別名・異名 エゲリア・ナヤス
古名
語源 和名は、英名の音読みから。/属名は、ローマ神話に登場するNuma Pompilius王の相談役となった妖精エーゲリアの名に因んでいる。/種小名は、ギリシャ神話に登場する水の妖精ナヤスの名に因んでいる。
学名 Egeria najas
英名 Great moss
Narow leaf anacharis
撮影者:東京都 中村利治様
仏名
独名
伊名 筑波実験植物園にて
西名
葡名
漢名 細葉蜈蚣草
植物分類 トチカガミ科オオカナダモ属
園芸分類 常緑沈水多年生草本
用途 水槽栽培
原産地 ブラジル南部からウルグアイ
花言葉
解説 グレートモスは、トチカガミ科の常緑沈水多年草である。我が国各地の湖沼や水路等に帰化状態にあり、急激に繁殖を見せているオオカナダモの仲間であり、本種も現在我が国各地で帰化状態にある。本種は沈水植物ではあるが、花は水上で開花し、昆虫に受粉を媒介して貰うという典型的な虫媒花である。草丈は50p以上にも及ぶ。葉は披針形で、茎に輪生し、葉縁には鋸歯が見られる。葉長は1〜2p程度、葉幅は1o前後である。茎の径は2o前後と非常に細く、たくさんの節を持ち、分枝をする。花は白色の3弁花である。
履歴 我が国には雄株が帰化。北海道以外の各地の湖沼、ため池、河川、水路に進入して定着しているという。 
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考