←トップ頁へ

検索名  グラジオラス・カリオフィレイシーアス  
和名 ピンク・グラジオラス
漢字表記
別名・異名 グラジオラス・カリオフィレイシーアス/グラジオラス・カリオフィラケウス
古名  撮影地:西オーストラリア州
   ムーア・リヴァー国立公園
語源 和名は、花に芳香があり、花姿がグラジオラスに似ていることから。/別名のアキ(シ)ダンテ(セ)ラとは旧属名から。/属名は、ラテン語のgladius(=剣)を語源としている。/種小名は「ナデシコ科のような葉の」の意。
学名 Gladiolus caryophyllaceus
英名 Pink gladiolus,
Pink trumpet flower,
Sandveldlelie,
Sandpipie,
Pink wild Gladiolus
仏名 撮影者:愛媛県 日原由紀子様
↑撮影地:オーストラリア・パース↓
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 アヤメ科トウショウブ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 南アフリカ
花言葉
解説 ピンク・グラジオラスはアヤメ科の多年草である。草丈は60~90㎝程度となる。茎の下部は軟細毛で覆われている。葉は剣状であり、葉の縁部は赤味を帯び、葉には白色の細毛が密生する。原産地の南アフリカでは8~10月頃、茎上部に2~10個の筒状花をつける。花筒は上向きに出るが、途中で曲がり、花は横向き~下向きに開花する。花は、桃色地に濃桃色の筋模様が入る。花後には細長いカプセル状の蒴果をつけ、熟すと翼を持った種子を飛ばす。
履歴 本種は南アフリカ原産種であるが、オーストラリア西部の沿海地には帰化状態にある。
県花・国花
古典
季語
備考