←トップ頁へ

検索名 グラジオラス・カリアンツス
和名 カオリグラジオラス
漢字表記 香りグラジオラス
別名・異名 アキ(シ)ダンテ(セ)ラ・ビコロル/グラジオラス・カリアンツス
語源 和名は、花に芳香があり、花姿がグラジオラスに似ていることから。/別名のアキ(シ)ダンテ(セ)ラとは旧属名から。/属名は、ラテン語のgladius(=剣)を語源としている。/種小名は「美しい花の」の意。
学名 Gladiolus callianthus(=Acidanthera bicolor)
英名 Peacock Flower,Abyssinian gladiolus
仏名 Acidanthera,Glaïul d'abyssine
独名 Abessinische gladiole
伊名
西名
葡名
漢名 彩眼花、孔雀蘭
植物分類 アヤメ科トウショウブ属(←アシダンテラ属)
園芸分類 多年性草本
用途 路地植え(非耐寒性)/鉢植え
原産地 エチオピア
花言葉 純粋の愛、気品 撮影者:東京都 中村利治様
解説 カオリグラジオラスは、アヤメ科の多年草である。草丈は60~90㎝程度に。葉は剣状である。7~9月頃、花茎を出し、その先に5~6個の花をつける。花は、径10㎝前後の6弁花で、上の2枚が下方に垂れ下がる傾向を見せる。花色はクリーム色を帯びた白色の地に、基部に濃褐色の模様が入る。花には芳香がある。
履歴 我が国ヘは1935年頃渡来している。
県花・国花
古典
季語
備考