←トップ頁へ

和名 グラジオラス・イリリクス  
撮影者:ポルトガル在住
武本比登志/睦子様


撮影地:ポルトガル コスタ・アズール地方
漢字表記
別名・異名
語源 和名は学名の音読みから。/属名は、ラテン語のgladius(=剣)を語源としている。/種小名は「イタリアの」の意。
学名 Gladiolus illyricus
英名 Wild Gladiolus
仏名 Glaïul d'Illrie
独名 Lllrische Siegwurz
伊名 Gladiolo illirico
西名 Gladiolo
Mayo
葡名 Espadana-dos-montes
漢名
植物分類 アヤメ科トウショウブ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 地中海沿岸地方
花言葉
解説 グラジオラス・イリリクスは、アヤメ科の多年草である。本種は地中海沿岸の日当たりの良い草地で、概して岩礫質な土壌に自生の見られる野草である。草丈は60~90㎝程度となる。葉は剣状である。5~7月頃、茎上部に総状花序を出し、その先に5~6個の花をつける。花は、6弁花で、上の3枚が下方に垂れ下がる傾向を見せる。花色は桃紫色で、下側3個の花弁には白色の模様が入る。花後には三角形で、翼を持った果実をつける。
履歴
県花・国花
古典
季語
備考