←トップ頁へ

和名 グラジオラス・ビザンティヌス
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名のgladiolusとはラテン語では「小剣」を意味しているが、恐らく葉姿に因んだ命名と言えよう。/種小名は「普通の」の意。/亜種名は「トルコのコンスタンチノープルの古名」から。
学名 Gladiolus communis subsp. byzantinus
英名 Byzantine Gladiolus
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 アヤメ科トウショウブ属
園芸分類 多年性草本
用途 路地植え/鉢植え/切り花
原産地 地中海沿岸(中部・東部)
花言葉 用心/堅固/密会
解説 グラジオラス・ビザンティヌスはアヤメ科の多年草である。グラジオラスの中の原種の1種である。草丈は60~90㎝程度に。葉長は30㎝程度に。5月頃に写真に見られるような花を見せる。花色は紫赤色で、下の花被片に白い線が入るのが特徴。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考