←トップ頁へ

和名 グンナイフウロ
漢字表記 郡内風露
古名
別名・異名
語源 和名は、発見地(郡内=山梨県東部桂川流域、南・北両都留郡の古称)の名に因んでいる。/属名はギリシャ語のgeranos(=ツル)に因んでおり、長いくちばし状の果実の形状から。/種小名は「軟毛ある雄蘂の」の意。
学名 Geranium eriostemon var. reinii
英名     長野県上高地にて
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 長毛老鸛草
植物分類 フウロソウ科フウロソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 野草
原産地 日本/中国
花言葉 変わらぬ信頼・陽気
解説 グンナイフウロはフウロウソウ科の多年草である。茎や葉柄に毛が見られる。草丈は50㎝前後。葉は大きく幅5~12㎝程度。茎は上部で枝分かれする。6~8月頃に枝先に径3㎝前後で淡紅紫色の花を見せる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考