←トップ頁へ

和名 グンギョク
漢字表記 群玉
別名・異名 フェネストラリア・ロパロフィラ
古名
語源 和名については不詳。(葉姿並びに群落の様子からか?)/属名はラテン語からで「小窓状の」の意。/種小名は、「棍棒状の葉の」の意。
学名 Fenestraria rhopalophylla
英名 babies toes, window plant
仏名
独名  
伊名 撮影者:東京都 中村利治様
西名 筑波実験植物園にて
葡名
漢名 朱鈴玉
植物分類 ハマミズナ科(←ツルナ科)フェネストラリア属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え(暖地)/鉢植え
原産地 南アフリカ
花言葉
解説 グンギョクは、ハマミズナ科(←ツルナ科)の多肉植物である。掲載した写真に見られるように、また、学名にも見られるように、葉は対生し、長さは2〜3p程度、太さ5〜7o程度で直立する円形または鈍三角形状の頂面は幾分突起し、レンズ状の窓をつくる。そこが太陽光を採り入れる窓となる。葉面は白緑色で、下部は淡紫紅色を帯びる。10月頃径4〜5p程度の白色のキク科の植物のような花を見せる。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考