←トップ頁へ

和名 グンバイヒルガオ
撮影地:奄美大島↑ 
撮影者:東京都 中村利治様
撮影地:タイ・サムイ島↓
 

撮影者:東京都 山口米子様↓ 
漢字表記 軍配昼顔
別名・異名 アミフィーバナ・ハマカンダー(どちらも沖縄での現地名)/ウチワカズラ(団扇蔓):小笠原諸島での現地名
古名
語源 和名は、葉が軍配の形をしており、花形はヒルガオであることから。/属名は、ギリシャ語のips(=いも虫)とhomoios(=似た)の合成語で、他物に絡みついて這い上る性質を示している。/種小名は「山羊の足」の意で、先が割れていることを意味している。
学名 Ipomoea pes-caprae
英名  Seaside morning glory ,
Beach morning glory 
仏名 Patate à Durand,
Patate-bord de mer
独名 Ziegenfuß-prunkwinde
Standwinde
伊名
西名 Batatilla,Churristate de playa,
Bejuco de playa
葡名 Salsa-da-praia,Jetirana,
Pé-de-cabra,Salsa-oxa
Salsa,Salsa-brava,
Salsa-pé-de-cabra,
漢名 厚藤、馬鞍藤、馬蹄草、海薯、走馬風、馬六藤、沙藤
泰名  ผักบุ้งขน 
植物分類  ヒルガオ科サツマイモ属 
園芸分類 蔓性多年生草本
用途 食用/野草
原産地  世界の熱帯~亜熱帯 
花言葉 優しい愛情・絆
解説 グンバイヒルガオはヒルガオ科の多年草である。海岸地帯に自生を見るが、茎は非常に強靱で、とても長く砂上を匍匐する。茎の途中からたくさん枝分かれし、広い面積を覆ってしまう。砂防効果は大きい。草丈は10~20㎝程度。葉は長さ4~6㎝の広楕円形で、先端部が凹みを見せ軍配形となり、茎に互生する。葉質は暑く、表面には光沢がある。花は、原産地では周年開花と言うことであるが、我が国では夏から秋にかけて葉腋からアサガオに似た紅紫色で径5~6㎝程度の漏斗形花を1~6個つける。花後につく果実は径2㎝程度で、扁球形の蒴果で、内部に黄褐色で毛に覆われた種子がある。この果実は、海流に乗って漂流し、他の島々に定着をみる。 
履歴  
古典1  
古典2  
季語  
県花・国花  
備考  
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
4 117 「小判草」
13 109 「東西南北」