←トップ頁へ

検索名 グォンカイドーン(タイの現地名)   
和名 ノゲイトウ
漢字表記 野鶏頭
別名・異名 セロシア/フデケイトウ/グォンカイドーン(タイの現地名)
古名 ウマクサ(宇末久散)/ウマサク(宇末佐久)/アマクサ(阿末久佐)/アマサク(阿末佐久)
語源 和名は、野生のケイトウの意。/属名は、ギリシャ語のkeleos(=燃やした)を語源とし、花が赤く乾燥することから。/種小名は「銀白色の」の意。
学名 Celosia argentea
英名 plumed cockscomb
仏名
独名
伊名 撮影地:タイ・パタヤ
西名
葡名
漢名 青葙
泰名  หงอนไก่ดอน
植物分類 ヒユ科ケイトウ属
園芸分類 多年生草本 撮影者:東京都 中村利治様
用途 路地植え/鉢植え/薬用(茎・葉・種子)/食用(若葉)
原産地 熱帯アジア
花言葉 気取り
解説 ノゲイトウはヒユ科の1年草である。本種は、観賞用として栽培されるケイトウの母種と推測されている。茎は直立し、草丈は30~100㎝前後程度に。茎は幾分紅色を帯びていて、葉は披針形で互生する。7~10月頃、枝先に白色または淡紅色の花穂を出し、5弁の小花を多数密生させ、下から上へと咲き上がる。
履歴 熱帯アジアの原産であるが、我が国には古い時代に渡来し、本州西部、四国、九州、沖縄等では帰化状態にある。
県花・国花
古典1
古典2 『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考