←トップ頁へ

検索名 グビジンソウ(虞美人草)  
和名 ヒナゲシ
漢字表記 雛罌粟
別名・異名 グビジンソウ(虞美人草)/ポピー
古名
語源 和名は、可愛らしい花をつけるケシの意。/属名は、papa(=粥)に由来し、ケシの乳汁には催眠作用があるので、粥に混ぜて子どもを寝かせたことによると言われている。また、別には、ケシの種子を噛むときに生じる音からとも言われている。/種小名は、ケシのギリシャ名であるが、花がroia(=ザクロ)と同じ色のため。
学名 Papaver rhoeas 拙庭にて
英名 Red Poppy/Com Poppy
仏名 coquelicot/pavot
独名 Mohn
伊名 papavero
西名 adormidera/amapola
葡名 papoula
漢名 虞美人/麗春花
植物分類 ケシ科ケシ属
園芸分類 一年生草本
用途 路地植え/鉢植え/切り花/薬用
原産地 ヨーロッパ
花言葉 慰安/休息
解説 ヒナゲシは、ケシ科の一年草である。草丈は、30~50㎝程度で、全体に粗毛が見られる。葉は互生し羽状に深く裂ける。5月頃茎頂に4弁花をつける。花弁は円形に近い。花瓣には皺が見られる。花色は、野生のものは赤が主色であるが、園芸的には、各種見られる。
履歴 我が国へは、桃山時代から江戸時代頃に渡来していたと推測されている。俵屋宗達の襖絵にも登場していることはよく知られている。
県花・国花 北海道:南富良野町花
古典1
古典2 『大和本草』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考 coquelicotとは本来フランス語では雄鶏の意であったが、花の赤さを雄鶏の鶏冠に見立てたものであると言われている。