←トップ頁へ

和名 グアリアンテ・グアテマレンシス
漢字表記
別名・異名 カトレア・グアテマレンシス
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名はコスタリカの現地語Guaria(=ラン)とギリシャ語のAnthe(=花)の合成語から。/種小名は、「グアテマラの」の意。
学名 Guarianthe guatemalensis(=Cattleya guatemalensis)
英名   撮影者:東京都 中村利治様
仏名    サンシャイン蘭展会場にて
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ラン科グアリアンテ属(←カトレア属)
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 エル・サルバドル/グアテマラ/ニカラグア
花言葉
解説 グアリアンテ・グアテマレンシスはラン科の多年草である。本種は、原産地の項に記した地の低山地林の大木に着生するランである。本種は、カトレア・オーランティアカ(Cattleya aurantiaca)種とグアリアンテ・スキンネリ(Guarianthe skinneri)種との自然交雑種と見なされている。因みに、グアリアンテ・スキンネリ種はコスタリカの国花に指定されているランでもある。棍棒状で表面に皺のある偽鱗茎を持ち、その頂部に2~3個の葉をつける。葉は、革質の狭楕円状で、先端は鋭頭となる。冬場~早春にかけて長さ秋におよそ25㎝程度の花茎を立ち上げ、その上部に掲載した写真に見られるような花を多数(花数は15個前後程度)つける。本種の特徴は多花性ということである。そのために多花性ランの育種親として多く用いられている。
履歴 本種は、以前はカトレア属に分類されていた。
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考