←トップ頁へ

和名 グーデニア・カエルレア
撮影者:愛媛県 日原由紀子様
        
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名はイングランド北部カーライルの司教でアマチュアの植物学者兼コレクターだったSamuel Goodenoughへの献名。/種小名は「青色の」の意。
学名 Goodenia caerulea
英名 
仏名   
独名
伊名 撮影地:西オーストラリア州
西名 ナンバン国立公園
葡名
漢名
植物分類 クサトベラ科グーデニア属
園芸分類 多年生草本(亜低木)
用途 鉢植え/路地植え
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 グーデニア・カエルレアはクサトベラ科の多年草である。本種は、オーストラリア大陸西部~南西部沿岸地帯の砂丘や石灰岩質の斜面等に自生する野草である。草丈は50㎝程度となる。茎は光沢のある鮮緑色で、上部で良く分枝をする。葉は長さ3~7㎝、幅1~3㎜㎝程度の線形で、幾分厚味があり、基部は短い葉柄をもって茎に互生する。10~11月頃、葉腋から花柄を伸ばし、青色で径15~25㎜程度のい筒状花を付ける。花冠は5深裂し、上側に後方に反転した2裂片があり、下側には前方に突き出た3裂片がある。各裂片の縁部は不規則な波状となる。花冠喉部には黄色の模様が入る。花冠内部には細毛が散生する。
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考