←トップ頁へ

和名 コウシンソウ
漢字表記 庚申草
別名・異名
古名
語源 和名は、栃木県足尾産の近くの庚申山で最初に発見されたことによる命名。/属名は、ラテン語で「油性の」の意で、多数の腺毛から分泌される粘液で葉の表面が粘ついていることから。
学名 Pinguicula ramosa 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁最下段にあります。
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 タヌキモ科ムシトリスミレ属
園芸分類 多年性草本
用途 野草
原産地 栃木県足尾町周辺
花言葉 笑顔を見せて
解説 コウシンソウは、タヌキモ科の多年性食虫植物である。ムシトリスミレに似ているが、全体的に小さく、花茎が枝分かれし、葉も小さく、淡紫色な点で区別される。開花期は5~7月。
履歴 コウシンソウは、国の特別天然記念物に指定されている。
県花・国花 栃木県:足尾町花
古典1
古典2
季語
備考