←トップ頁へ

和名jp コスミレ
撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:神代植物公園植物多様性センター
漢字表記 小菫
別名・異名
another name
古名old name
語源
etymology
和名は、小スミレの意であるが、スミレよりも大きい。タチツボスミレに比しては草丈が小さい。
属名はスミレのラテン古名から。種小名は「日本の」の意。
学名sn Viola hondoensis
英名en Japanese violet
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 犂頭草
植物分類 スミレ科スミレ属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え/鉢植え
原産地
distribution
日本(本州〜九州)/朝鮮半島/中国
花言葉 小さな愛・誠実
解説
description
コスミレははスミレ科の多年草である。概して路傍や丘陵地等の日当たりの良い地に自生の見られるスミレである。草丈は5〜10p程度となる。葉は長さ2〜6p程度の長三角形〜長卵形で、縁部には鋸歯があり、先端部は鈍頭、基部は心形となる。葉の表面は白濁している。葉は無毛であるが、葉裏は概して紫色を帯びる。3〜4月頃に開花し、径1〜1.5p程度で淡紫色〜紅紫色の唇形花をつける。距は長さ7o程度の円筒形となる。本種の場合、毛の有無や距の長さ等の点で個体差があり、変異に富む。
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考