←トップ頁へ

和名 コシノコバイモ
漢字表記 越小貝母
別名・異名
古名
語源 和名は、産地名並びにバイモより花が小さいことから。/属名は、ラテン語のflitillus(=さいころを入れる筒)を語源とし、筒状をした花形を意味している。
学名 Fritillaria japonica var.koidzumiana
英名
仏名 撮影地:新潟県・鏡山
独名
伊名 撮影者:新潟県 塩野計司様
西名
葡名 撮影地:新潟県・六万騎山
漢名
植物分類 ユリ科バイモ属
園芸分類 多年生草本
用途 野草
原産地 日本(富山県、岐阜県、新潟県、静岡県、福島県)
花言葉
母の優しさ
解説 コシノコバイモはユリ科の多年草である。概して、我が国中部地域の日本海側の山地で、山地の樹林下、あまり日当たりのよくないような地に自生の見られる野草である。ユリ科の植物は、単子葉植物であるから、発芽時には一枚葉である。身近な植物としては、チューリップ等の球根を植えた場合、一枚葉の場合には開花は見られない。山野草では、カタクリ等でもそうした性質を見られる。一枚葉で数年栄養を蓄え、やがて葉の数が増えると開花することになる。コシノコバイモの場合は、発芽から6、7年を経過した後に、突然5枚の葉を見せるようになり開花する。それも上の3枚の葉は輪生し、下部の2枚の葉は対生する。草丈は10㎝前後で、4~5月頃に花茎を伸ばし、茎頂に鐘形の花を1個開花させる。花被の長さは2㎝程度、幅は1.5㎝程度である。花被の外側は淡黄色、内側には紅紫色の網目模様が見られる。花被片の内側及び縁には突起が見られる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考