←トップ頁へ

和名 コリジオラ・リトラリス  撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様

撮影地:ポルトガル・ベイラ地方
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。
属名は、ギリシャ語で「紐状の」の意。
種小名は「海浜性の」の意。
学名 Corrigiola litoralis
英名 'Strapwort
仏名 Corrigiole des grèves
Courroyette des sables
独名 Gewöhnlicher-Hirschsprung
Ufer-Hirschsprung
伊名 Corrigiola litorale
西名 Pasacaminos
Corrigiola de playas
葡名 Erva-pombinha
漢名
植物分類 ナデシコ科コレジオラ属
園芸分類 1年生草本
用途
原産地 ヨーロッパ~北アフリカ
花言葉
解説 コリジオラ・リトラリスはナデシコ科の1年草である。本種は、学名に示されているように沿海地に自生の見られる野草である。草丈は10㎝程度であるが、茎は赤味を帯びており、地を横走しマット状に広まりを見せる。葉は、楕円状で、縁部は全縁、先端部は円頭、基部では幾分葉柄状に狭まり茎に対生する。6~10月頃、茎頂並びに枝先に散形花序を出し、径2㎜程度で5弁の白花を多数付ける。萼片は桃赤色であるので、蕾時には赤く見える。萼片は5個、雄蕊も5個、雌蕊は1個。花後には長さ1~2㎜程度の蒴果をつけ、完熟すると割れて種子を放出する。
履歴 本種は北米並びにオーストラリアでは帰化状態にある。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考