←トップ頁へ

和名 コニシキソウ        群馬県館林市にて
漢字表記 小錦草
別名・異名 チチクサ(乳草)
古名
語源 和名は、オオニシキソウに比較して全体的に小振りであることから。因みにニシキソウとは、茎が赤く葉が緑であり、その取り組み合わせが美しい事から錦草としたという。属名は、ギリシャ語のchamai(=矮小な)syke(=イチジク)の合成語からで、果実の形状を示している。/種小名は「広がった」の意。
学名 Chamaesyce maculata
(=Euphorbia maculata)
英名 Milk purslane,Wartweed,
Prostrate spurge
仏名 Euphorbe tachée
Euphorbe de Jovet,
Euphorbe maculéee
独名 Flecken-Wolfsmilch,
Flecken-Schiefblattwolfmilch
伊名 Euforbia macchiata
西名 Spurge leche,
Lechetrezna manchada,
Leche verdolage
葡名
漢名 斑地錦  
植物分類 トウダイグサ科ニシキソウ属  
園芸分類 一年性草本  
用途 野草  
原産地 北米  
花言葉  
解説 コニシキソウは、トウダイグサ科の一年草である。概して人里近くに多く見られる帰化植物である。茎は地面を這って広がり、節から根を出すこともある。葉は長楕円形で、長さ7~10㎜、幅は2.5~5㎜程度。はの表面には暗赤色の斑紋が見られる。6~9月頃、葉腋に杯状花序を見せる。蒴果は卵状球形で短毛が多く見られる。 
履歴 我が国へは明治20年(1887)前後に渡来したと推測されている。明治28年(1895)に東京・横浜で採取されたのが最初の記録と言うことである。現在では我が国全土で帰化状態にある。 
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考