←トップ頁へ

和名 コナギ  埼玉県:道の駅「大利根」にて
漢字表記 小水葱
別名・異名 ミズナギ(水菜葱)、ササナギ(細菜葱)、コトナシグサ(事無草)
古名 コナギ(古奈伎、古奈宜、子奈宜、子奈伎)
語源 和名は、小型の水葱(ナギ)の意。/属名は、ギリシャ語のmonos(=単)とchorizo(=離す)の合成語で、雄蘂の1本が二股になって葯が離れていることから。/種小名は「葉鞘のある」の意。/変種名は「オオバコ属に似た」の意。
学名 Monochoria vaginalis var. plantaginea
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 窄葉鴨舌草
植物分類 ミズアオイ科ミズアオイ属
園芸分類 一年生草本
用途 池栽培/水田栽培/食用(葉)
原産地 日本/アジア東部(南限:マレーシア)
花言葉 奥ゆかしい
解説 コナギは、ミズアオイ科の一年草である。我が国の水田や沼地などに普通に見られる野草である。東南アジア諸国では茎や葉を食用としている。我が国でもかつては葉を食用としていた。水田耕作の面からは害草扱いを受けているのが現状である。コナギは、同じ仲間のミズアオイなどよりも草丈が低く30㎝以下である。花期は9~10月で、花が葉の陰に隠れてしまうことが多い。 
履歴  
県花・国花  
古典1 『万葉集』、『芭蕉句集』  
古典2 『本草和名』、『物品識名』  
季語  
備考