←トップ頁へ

和名 コミヤマカタバミ
漢字表記 小深山酢漿草
別名・異名
古名
語源 和名は、小花のミヤマカタバミの意から。/属名は、ギリシャ語のoxys(=酸性の)の語から来ている。葉を噛むと酸味があることから。/種小名は、「やや酸っぱい」の意。
学名 Oxalis acetosella
英名 wood sorrel
仏名 Oxalis des bois,Petite oseille
独名
伊名
西名
葡名
漢名 白花酢浆草
植物分類 カタバミ科カタバミ属
園芸分類 多年生草本
用途 野草
原産地 ヨーロッパ~アジア 東京大学附属植物園にて
花言葉
解説 コミヤマカタバミは、カタバミ科の多年草である。名前の通り概して深山の針葉樹林下に自生の見られる野草である。葉は短い葉柄を持った3小葉で構成される。小葉は倒心型形で長さ1から3㎝程度。5~6月頃、5~15㎝程度の花茎を出し、茎頂に径2~3㎝程度の白色5弁花を開く。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考