←トップ頁へ

和名jp コキツネノボタン
漢字表記 子狐牡丹
別名・異名
other name
古名
old name
語源
etymology
和名は、同属のキツネノボタンに比して各部が小形であることから。
属名はラテン語のlana(=カエル)を語源とし、この属の植物は蛙の住むような地に自生することからと言う。
種小名は「中国の」の意。
学名sn Ranunculus chinensis 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 茴茴蒜
華毛茛
植物分類 キンポウゲ科キンポウゲ属
園芸分類 多年生草本
用途use 薬用
原産地
distribution
日本/朝鮮半島/中国
花言葉 恵まれた生活・純真
解説
description
コキツネノボタンはキンポウゲ科の多年草である。概して日当たりのよい水湿地に自生の実あっレル野草である。草丈は30~60㎝程度。葉は1回3出複葉で、小葉はさらに2~3回3出状に裂け、先端は尖る。6~8月頃、枝先に径1㎝程度の黄色い花をつける。果実は楕円状の集合果である。同属のキツネノボタンに良く似ているが、葉や葉柄に開出毛が見られることと、集合果実が球形では無く楕円状となること、痩果の先が曲がらない等の点で区別される。
履歴 環境省RDB:絶滅危惧Ⅱ類(VU)
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考