←トップ頁へ

和名 コキンバイ
撮影者:東京都 山口米子様    
漢字表記 小金梅
別名・異名 エゾキンバイ(蝦夷金梅)
古名
語源 和名は、キンバイソウに似ていて、同種に比して小形であることから。/属名は19世紀ドイツ人植物学者Count von Waldstein-Wartenbergへの献名。/種小名は「3出の」の意。
学名 Waldsteinia ternata(=Geum ternatum)
英名 Barren strawberry
Siberian waldsteinia
仏名 Waldsteinia ternata
Fraisier stérile
独名 Dreiblättrige Waldsteinie
Dreiblatt Golderdbeere
伊名 Waldsteinia ternata
西名
葡名 撮影地:北海道大学植物園
漢名 林石草
植物分類 バラ科コキンバイ属(←ダイコンソウ属)
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 日本(本種:中部以北~北海道)・朝鮮半島・中国・サハリン・ウスリー地方・アムール地方・シベリア
花言葉
解説 コキンバイはバラ科の多年草である。地中の根茎は横走し繁殖する。草丈は10~20㎝程度となる。葉は根出し、長さ5~10㎝程度の葉柄の先に3出複葉をつける。小葉は長さ2~3㎝程度の菱状倒卵形で、先端部は3浅裂する。葉の裏面と葉柄には細毛が目立つ。5~6月頃、花茎を伸ばし、その頂部に径2㎝程度で黄色い5弁花をつける。花後には長さ3~4㎜程度の痩果をつける。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考