←トップ頁へ

和名 コヒガンバナ
漢字表記 小彼岸花
別名・異名 シナヒガンバナ(支那彼岸花)
古名
語源 和名は、学名の種小名の和訳からと推測される。。/属名はギリシャ神話の海の女神Lycorisの名に因んでいる。花の美しさから。/種小名は「放射状の」の意。/変種名は「低い、小さい」の意。
学名 Lycoris radiata var. pumila
英名
仏名
独名 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ヒガンバナ科ヒガンバナ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 中国
花言葉
解説 コヒガンバナはヒガンバナ科の多年草である。学名では、ヒガンバナが基本種であり、本種はその変種として分類されている。我が国に中国から史前帰化したと推測されているヒガンバナは3倍体のため結実を見ないが、本種は、2倍体のため結実する。つまり、花後に種子を得ることが出来るということになる。さらにヒガンバナに比して、本種は一ヶ月程度早く開花を見ることができる。それらの違い以外には、ヒガンバナとさほど異ならない。名前から見ると、小形種のように受け止められるが、草丈もさほど変化はない。花の大きさや色合いもさほど変わらない。ただ、写真に見られるように花茎の上に見られる花では、ヒガンバナよりも花数が少なくなる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考