←トップ頁へ

和名 コガマ
漢字表記 小蒲
別名・異名 ミスクサ
古名
語源 和名は、小型のガマの意。/属名は、ギリシャ古名tiphos(=沼から来た)に由来している。/種小名は「東の、当方の」の意。
学名 Typha orientalis Prest
英名 Bulrush,Bullrush,Cumbungi
仏名 Typha miniana
独名
伊名
西名
葡名
漢名 東方香蒲
植物分類 ガマ科ガマ属
園芸分類 多年性草本
用途 野草/生花/食用(根・若苗)/薬用(根茎)
原産地 北半球温帯地域
花言葉 従順、素直 群馬県館林市にて
解説 「因幡の白兎」の話にも登場するほどに、我が国では、昔から親しまれて来た植物の一つである。日当たりの良い湿地に自生する植物である。何と申してもユニークなのは花穂であろう。草丈は1~1.5m程度。葉幅は1㎝以下。円筒形の花穂(長さ6~10㎝程度)は、先端部分に雄花で黄色、その下に雌花で緑褐色となる。雌花は、やがて、熟すとワタのようになる。コガマはガマよりも葉が狭く、花穂も細くて短い。開花期は6~8月頃。
履歴
古典1
古典2 『本草綱目啓蒙』
季語
県花・国花
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
6 43 「山の芋」