←トップ頁へ

和名jp コエロギネ・ヴェルコサ
漢字表記
別名・異名
other name
セロジネ・ヴェルコサ
古名
old name
語源 和名は、学名の音読みから。
属名は、ギリシャ語のcoelo(=中空、空洞)とgyne(=雌蕊)の合成語から。
種小名は、「小疣状のある」の意。
学名sn Coelogyne verrucosa 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。
英名en Warty Coelogyne
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 ラン科コエロギネ(セロギネ)属
園芸分類 多年生草本
用途use 吊り鉢植え/ヘゴ付け
原産地
distribution
カリマンタン島
花言葉
解説
description
コエロギネ(セロジネ)・ヴェルコサラン科の多年草である。カリマンタン島の標高700m以下の地に自生が見られるという着生欄である。本種は、樹木によじ登る性質を持つと言われている。卵形の偽鱗茎を持ち、その頂点から茎を出す。葉は披針形で、全縁、先端は鋭頭で、やや革質で表面には光沢があり、茎に互生する。花茎は長く50㎝近くにも及ぶ。夏場に葉と花茎を同時に出し、10個程度の花をつける。花径は7㎝程度で、唇弁以外は緑色で、前方に突き出した唇弁には疣(いぼ)状の突起が多数見られる。花弁は掲載した写真に見られるように大きく捩れを見せる。花には芳香がある。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考