←トップ頁へ

和名jp コバンユリ
撮影者:イギリス在住 Hiroko Wright様

撮影地:イギリス・キュー植物園
漢字表記 小判百合
別名・異名
other name
フリチラリア・メレアグリス
古名old name
語源
etymology
和名の語源不詳。(花被片の形状からの命名と推測される)
属名は、ギリシャ語のfritillis(=賽子を入れる筒)の意で、筒状の花形から。
種小名は「ホロホロ鳥のような斑点を持った」の意。
学名sn Fritillaria meleagris
英名en Snake's head
Chess flower,
Frog-cup
Guinea-hen flower,  
Leper lily
Lazarus bell,
Chequered lily
Chequered daffodil,
Drooping tulip
仏名fr Flitillaire pintade
Fritillaire damier,
Ouef de vanneaux
Cocciglore,
Tulip des marais
独名de Schachbrettblume,
Kaiserkrone
伊名it Fritillaria meleagris
西名es Tablero de damas,
Cabeza de serpiente
葡名pt
漢名ch 花格貝母
植物分類 ユリ科バイモ属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え/鉢植え/薬用
原産地
distribution
西アジア~ヨーロッパ
花言葉 才能、人を喜ばせる、王の威厳、天上の合い、型にはまった合い
解説
description
フリチラリア・メレアグリスは、ユリ科の球根植物である。我が国に自生の見られるクロユリや中国原産の薬用植物バイモ等と同じ属に分類される草本植物である。本種は、原産地の項に記した地で、標高800m程度までの湿り気の多い土壌、牧草地等に自生の見られる野草である。草丈は35~40㎝程度となる。葉は長さ35~45㎝程度の線状で茎に互生する。3~5月頃、茎頂に長さ5㎝前後程度で鐘形の花を1~2個つける。花は、紫色の市松模様となる。本種は、地下に径2㎝程度の球根を持つが、強いアルカロイドを持つために有毒である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考