←トップ頁へ

和名jp コーカサス・ジャーマンダー
撮影者:東京都 中村利治様

筑波実験植物園にて 
漢字表記
別名・異名
other name
テウクリウム・ヒルカニカム
古名old name
語源
etymology
和名は英名から。/属名はギリシャ語で、ディオコリデスによってこの属につけられた名前teucrionを語源としている。/種小名は古代ペルシャの地名Hyrcaniaの地名に因んでいる。
学名sn Teucrium hircanicum
英名en Caucasia germander
仏名fr Germandrée Iranienne
独名de Kaukasus-Gamander
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 シソ科ニガクサ属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え/ロックガーデン
原産地
distribution
イラン~コーカサス地方
花言葉
解説
description
コーカサス・ジャーマンダーはシソ科の多年草である。樹高は60㎝程度で、茎は直立するか斜上する。根茎によって横に広がり、群落状となる。小形の楕円形葉が茎に対生する。葉の縁には鋸歯があり、先端は鈍頭と言える程度で、茎に対生する。7~9月頃、茎上部に穂状花序を出し、赤紫色の小花を下方から上方へと咲き上がる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考