←トップ頁へ

和名 ゴショグルマ
漢字表記 御所車
別名・異名 ハワーシア(ハオルチア)・トランスルケンス/ヤエガキヒメ(八重垣姫)
古名
語源 和名については、不詳。/属名は、19世紀初頭にこの属の植物群を研究したイギリスの植物学者A.ハワースの名に因んでいる。/種小名はギリシャ語のtrans(=横)とlucens(=光る、透き通る)の合成語から。葉に見られる透明な模様からと推測される。
学名 Haworthia translucens
英名 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。
仏名
独名
伊語
西名
葡語
漢名 虎紋鷹爪草
植物分類 ツルボラン科(←ユリ科)ハワーシア属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え(暖地)/鉢植え
原産地 南アフリカ・ケープ地方
花言葉
解説 ハワーシア(ハオルチア)・トランスルケンスは、ツルボラン科(←ユリ科)の多肉植物である。ハワーシア属は、ユリ科の多肉植物群の中では最も小型で強健な種が多いと言うことである。ハワーシア属は、我が国の園芸界ではハオルチア属の名で流通しているようである。我が国の園芸界では「御所車」或いは「八重垣姫」の名で流通し、多肉植物愛好家が愛倍している。本種は、無茎植物で、肉厚に肥大した根生葉をロゼット状に広げる。株はよく繁殖を繰り返し、密生状体となる。葉の縁には軟らかい糸状の刺がみられる。また、葉には透明な網目模様が入る。花は、写真に見られるような長い花茎をもち、灰白色の長い筒条花で、先端は5裂する。花の外側には、花茎と同色のストライプが入る。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考