←トップ頁へ

検索名  ゴクショウニチニチソウ(極小日々草) 
和名  ニチニチソウ 'フェアリー・スター' 
漢字表記 日々草 'フェアリー・スター'
別名・異名 ゴクショウニチニチソウ(極小日々草)
古名
語源 和名は、矮性のニチニチソウであることから。/属名はギリシャ語で「混じりけの無い花」の意。/種小名は「「バラ色の」の意。
学名 Catharanthus roseus 'fairy star'
英名 Star fairy roseus catharanthus
仏名
独名
伊名
西名
葡名     撮影者:東京都 中村利治様
漢名  迷你長春花   撮影地:東京都薬用植物園
植物分類 キョウチクトウ科ニチニチソウ属  
園芸分類 一年生草本
用途 花壇/鉢植え
原産地 園芸作出品種
花言葉 幼なじみ/懐かしい思い出/友情
解説 ニチニチソウ 'フェアリー・スター'はキョウチクトウ科の1年草である。古くから夏の花として親しまれてきたニチニチソウから作出された矮性品種である。草丈は、30㎝程度まで。葉は長楕円形で、縁部は全縁、先端部は鈍頭で、茎に対生する。葉の表面には光沢がある。5~10月頃、茎頂に径2~3㎝程度の筒状花をつける。花冠は5裂する。花姿はニチニチソウに良く似ている。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語 夏(ニチニチソウ)
備考 本種は、ビンカアルカロイド名の毒性を有する。