←トップ頁へ
和名 キュウリ
漢字表記 胡瓜/黄瓜
別名・異名 テン・ラーン(タイ語名)
古名 カラウリ(加良宇利)/ソバウリ(曾波宇利)
語源 漢名の「胡瓜」は胡(西域)から伝えられたウリの意。/「黄瓜」は実が熟すと黄色くなることから。/属名に見られるCucumis(ククミス)とはラテン語の<中空の器>に由来している。/種小名は「栽培された」の意。
学名 Cucumis sativus 拙庭にて
英名 cucumber
仏名 concombre
独名 Gurke
伊名 cetiriolo
西名 cohombro
葡名 pepino
漢名 胡瓜/黄瓜
泰名 แตงร้าน 
植物分類 ウリ科キュウリ属
園芸分類 蔓性一年生草本
用途 食用野菜
原産地 インド北部(ヒマラヤ山麓)
花言葉 洒落
解説 キュウリは、ウリ科の一年草である。キュウリは蔓性植物で、葉腋に巻きひげを生じ他物にからまり成長する。葉は掌状で互生。花は雌雄異花で、両者は着生する節を別にする。果実は、子房とそれを取り巻く花床が癒合して発達した偽果で、円筒状となり、果長は一般的には20~50㎝となる。Topicsの植物回想録の中に「キュウリについて」の記述があります。ご参照下さい。
履歴 インド原産の胡瓜であるが、現地では3千年前には栽培化されたとみられている。インドから、ヨーロッパに回ったキュウリは、漬物用の「ピックルキュウリ」、サラダ用の「スライスキュウリ」、「英国温室キュウリ」へと発達している。中国では既に5,6世紀頃には栽培されていたという。我が国では、平安時代の文献(『和名類聚抄』)にも記載が見られることから渡来していたことがわかる。
県花・国花
古典1
古典2 『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
・胡瓜のような角を出す→妻が自分の夫の行為に焼き餅を焼いていることのたとえ。・
俗信 ・胡瓜と蟹(蒟蒻)→一緒に食べると眉毛が抜ける
・胡瓜の初なりを川へ流すと河太郎に吸われぬ
・胡瓜を食べて川へ入ると溺れる
・胡瓜を味噌汁に納れると貧乏神が寄ってくる
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
5 281 「めじな釣り」
13 154 「茄子」
14 283 「蔓もの」
17 137 「下克上」
18 29 「向日葵」
22 133 「休みの日」