←トップ頁へ

検索名 キペールス・アルテルニフォリウス
和名 シュロガヤツリ
漢字表記 棕櫚蚊帳吊
別名・異名 カラカサガヤツリ(唐傘蚊帳吊)/シペラス・アンブレラ/キペールス・アルテルニフォリウス
古名
語源 和名は、放射状に伸びる葉姿がシュロを思わせることから。/属名は、古代ギリシャ語のkupeiros(=スゲ)を語源としている。/種小名は「互生葉の」の意。
学名 Cyperus alternifolius L ↑栃木県岩舟町・とちぎ木花センターにて↓
英名 Umbrella Plant
仏名 papyrus à feuilles alternes,
souchet à feuilles alternes,
plante ombrelle
独名 Zypergras
伊名 Cyperus,Cipero,papiro
西名 Piragüitas,Plantaparaguas,
Cipero
葡名 Sombrinha-chineaa,
palmeira-umbela,
planta-umbela
漢名 光桿輪傘莎、野生風車草
植物分類 カヤツリグサ科カヤツリグサ属
園芸分類 多年性草本
用途 観葉植物/原産地では敷物をつくるという。
原産地 マダガスカル
花言葉 茨城県立植物園にて→
解説 シュロガヤツリは、カヤツリグサ科の多年草である。パピルスなどと共に温室で栽培がされることの多い大型のカヤツリグサである。草丈は80㎝~1.5m程度。太い茎が束生し、葉は鞘に退化して茎の根本に見られる。実際に葉のように見えるのは、苞が発達したものである。名前の通り放射状に広がり、シュロの葉を小型にしたようにも見える。また、別名に、アンブレラとあるように、丁度傘を広げたような形状となるので、観葉植物としても人気を得ている植物である。
履歴 我が国へは明治25年(1897)に渡来している。
県花・国花
古典1  
古典2
季語
備考 ※沖縄県では野生化している。