←トップ頁へ

和名 キカノコユリ
漢字表記 黄鹿の子百合
別名・異名
古名
語源 和名は、黄色い花をつけるカノコユリの意。因みに、カノコユリとは、花被片上の紅色斑点を鹿の子絞りに見立てたもの。/属名は、ケルト語の「白い」と「花」に由来し、ヨーロッパで「白い百合」としてアイされたマドンナ・リリーを指していると言われている。/種小名は、アイルランド人で、中国の植物を多数西洋社会に紹介したことでも知られるAugustine Henryへの献名。
学名 Lilium henryi
英名 Henry's lilly,Tiger lilly
仏名 Lis 'Henryi'
独名 Henrys Lilie 撮影者:東京都 中村利治様
伊名 Lilium henryi 筑波実験植物園にて
西名 Azcena
葡名 Henryi de lilium
漢名 湖北百合
植物分類 ユリ科ユリ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/切り花/食用(根)
原産地 中国
花言葉 上品
解説 きカノコユリは、ユリ科の多年草である。中国湖北省の標高700~1000m級の山地の斜面に自生する原種百合である。白色で径7㎝程度の球根を地下に持つ。茎は淡緑色で、草丈は1~2m程度に及ぶ。7月頃、茎上部に総状花序を出し2~12個の花をつける。花弁は淡橙黄色で、内側に濃色の斑点を持ち、開花後にはすべて上向きに反転する。
履歴 本種の渡来時期不詳(未調査)だが、我が国では、園芸用に栽培されたものが逸出して現在各地で帰化状態にある。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考