←トップ頁へ

和名jp キバナイカリソウ
東京大学附属日光植物園にて
漢字表記 黄花碇草
別名・異名
other name
古名
old name
語源
etymology
和名は、文字通り黄花のイカリソウの意から。
属名は、ギリシャ語のepi(=上)とMedlia(=ギリシャの地名)の合成語から。
種小名は、「朝鮮の」の意。
学名sn Epimedium koreanum
英名en Korean Epimedium
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 朝鲜淫羊藿
植物分類 メギ科イカリソウ属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え/鉢植え/薬用
漢方・民間薬 全草:歯痛・中風・健忘症
原産地
distribution
日本(本州近畿以北~北海道:渡島半島で日本海側)/朝鮮半島/中国
花言葉 人生の出発・君を離さない
解説
description
キバナイカリソウは、メギ科の多年草である。概して我が国の場合には日本海側に自生が見られる。草丈は25㎝前後程度で、根出葉は冬場には枯れる。葉は羽状複葉で、小葉は卵形~長楕円形で、基部は矢じり形となる。5月頃、総状花序を出し、径3㎝程度で淡黄色の花をつける。萼片は8個、花弁は4個でる。イカリソウに似ているが、距が短い。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考