←トップ頁へ

和名 ギンラン
漢字表記 銀蘭
別名・異名 ハクラン(白蘭)
古名
語源 和名は、花色が白色のために、キンランに対してギンランという。/属名は、cephalos(=頭)とanthera(=葯)の合成語で、蕋柱の頭部にある大きな葯の形から。/種小名は「直立した」の意。
学名 Cephalanthera erecta Blume
英名
仏名
独名 宇都宮市:ろまんちっく村にて
伊名
西名
葡名
漢名 銀蘭
植物分類 ラン科キンラン属
園芸分類 多年生草本
用途 野草/鉢植え
原産地 日本/朝鮮半島/中国
花言葉 おとなしい貴婦人
解説 ギンランは我が国の山野に見られる野生ランである。キンランに比較して背丈も低い。20~40㎝程度。花色は白色。花期は5~6月頃
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考
   
   新潟県弥彦山にて
   
   
   
   
   
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
5 224 「着生蘭」