←トップ頁へ

検索名  ケツメクサ(毛爪草)   
和名 ヒメメツバボタン
漢字表記 姫松葉牡丹
別名・異名 ケツメクサ(毛爪草)
古名
語源 和名は、全体的に小ぶりなマツバボタンの意から。/属名はラテン語のporta(=入り口)を語源とし、果実が熟すと蓋が開くから。/種小名は「軟毛のある、毛で覆われた」の意。
学名 Portulaca pilosa
英名 Kiss me quick,Shaggy perslane
仏名
独名 撮影者:群馬県 権田実様
伊名  撮影地:群馬県内
西名 Mañanita
葡名 Amor crescido
漢名 毛馬歯莧
植物分類 スベリヒユ科スベリヒユ属
園芸分類 一年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 熱帯アメリカ
花言葉
解説 ヒメマツバボタンは、スベリヒユ科の一年草である。概して日当たりの良い地に見られる熱帯アメリカ原産の帰化植物である。茎は匍匐性で、地面を這い、途中で分枝を繰り返しながら、全体的な長さは10~30㎝程度となる。茎・葉共に多肉質である。茎は赤味を帯び、上部では白色の細毛で覆われる。葉は線形で長さ1~2㎝程度、幅1~3㎜程度で、茎に互生する。7~9月頃に、茎頂に花径0.5~1.5㎝前後で紅紫色の5弁花をつける。
履歴 本種は、熱帯アメリカ原産であるが、世界各地で帰化状態にある。我が国でも関東地方以西で帰化状態にある。 
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考