←トップ頁へ

検索名  ケチヂミザサ(毛縮笹)   
和名 チヂミザサ
漢字表記 縮笹
別名・異名 ケチヂミザサ(毛縮笹)/コチヂミザサ(小縮笹)
古名
語源 和名は、葉がに良く似ていて、葉の縁が波打っているように見えることから。/属名は、ギリシャ語のhoplimos(=武装した、芒のある)を語源としている。/種小名・変種名は「うねった葉のある」の意。
学名 Oplismenus undulatifolius
英名 Wavyleaf basketgrass,
Spicate armgrass
仏名
独名
伊名
西名 撮影者(上・中):新潟県 塩野計司様/撮影地:新潟県・八方台
葡名
漢名 求米草
植物分類 イネ科チヂミザサ属
園芸分類 多年性草本
用途 野草
原産地 日本/アジア/ヨーロッパ/アフリカの温帯~熱帯
花言葉  撮影:GKZ↓群馬県館林市:茂林寺沼湿原にて
解説 チヂミザサは、イネ科の多年草である。我が国各地の林下に見られる野草である。概して半日陰地に自生が見られる。茎は細く、下部はランナーのように地上を這う。上部の茎は立ち上がり、分枝は疎らである。草丈は10~30㎝程度。葉の形状は狭卵形で、先端は尖る。葉の縁は波を打つ。8~10月頃、茎頂に花序を出し、緑色の小穂をたくさんつける。小穂には短毛が見られ、2個の苞頴の先には長い芒が出る。
履歴
県花・国花 撮影者:東京都 山口米子様↓/撮影地:国立科学博物館付属自然学習園
古典1  
古典2
季語
備考