←トップ頁へ

検索名 ケロシア
和名 ケイトウ
漢字表記 鶏頭
古名  カラアヰ(加良阿為・韓藍・幹藍・辛藍)
別名・異名 カラアイ(韓藍)/ケロシア/セロシア
古名 カラアヰ(加良阿為)
語源 和名は、花形がニワトリの鶏冠状であることから。/属名は、ギリシャ語のkeleos(=燃える)に由来している。花色が燃えるように赤いことから。/種小名は、「鶏冠状の」の意。
学名 Celosia cristata L
英名 Cock's comb 拙庭にて
仏名 crête de coq
独名 Hahnenkamm
伊名 Cresta di gallo
西名 Cresta de gallo
葡名 Crista-de-galo
漢名 鶏冠花
植物分類 ヒユ科ケイトウ属
園芸分類 一年性草本
用途 花壇
原産地 インド
花言葉 おしゃれ/博愛/奇妙/気取り屋
解説 ケイトウはヒユ科の一年草である。草丈は50~90㎝程度に。写真に見られるように、茎先端部分が鶏のトサカ状に広がりを見せ、その部分に無数の小花を密生させる。花色は赤・紅、黄、白等と多彩である。古名の「カラアイ(韓藍)」の語にも見られるように、渡来植物である。我が国の気候風土にもよく適合し、国内での品種改良も進み、花形、花色ともに非常に多彩化している。
履歴 万葉集に出てくる「韓藍(からあい)」とは、今ではケイトウであるというのが定説になっている。
県花・国花
古典1 『万葉集』、『芭蕉句集』、『蕪村句集』、『近松浄瑠璃集』
古典2 『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
14 22 「蒔登曾念」