←トップ頁へ

和名jp ケラスティウム・フォンタヌム
撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様

撮影地:ポルトガル/コスタ・アズール地方
漢字表記
別名・異名
another name
古名old name
語源
etymology
和名は学名の音読みから。
属名は、cerastes(=角状の)に由来し、角張った蒴果の形からきている。
種小名は「泉等の水場に生える」の意。
学名sn Cerastium fontanum
英名en Mouse-ear chickweed,
Common mouse-ear,
Starweed
仏名 fr Céraiste commun,
Céraiste vulgaire,
Céraiste des fontanes 
独名de Gewönliche Hornkraut,
Gemeines Hornkraut
伊名it
西名es
葡名pt Orelha-de-rato-vulgar
漢名ch 簇生泉卷耳 
植物分類 ナデシコ科ミミナグサ属
園芸分類 多年生草本
用途 野草
原産地 ヨーロッパ
花言葉
解説 ケラスティウム・フォンタヌムはナデシコ科の多年草である。草丈は10~15㎝程度となる。全草に白色の細毛が密生する。茎は暗紫色を帯びており、円筒状である。茎は、上部で良く分枝をする。葉は卵形~楕円形で、縁部は全縁、先端部はほぼ鈍頭、基部では茎に対生する。3~6月頃に茎頂或いは枝先に散形花序を出し、径2㎜程度で白色の5弁花を見せる。 花弁の先端部は2裂する。花後の果実は長さ0.5㎜程度の卵形で、周囲に小突起がを持ち褐色に熟す。
履歴
県花・国花      
古典1
古典2
季語  
備考