←トップ頁へ

検索名 ケノボリフジ
和名 カサバルピナス
漢字表記 傘葉ルピナス
別名・異名 ケノボリフジ/カサザキ(傘咲き)ルピナス
古名
語源 和名は葉姿が傘を広げたように見えることから。/属名はラテン語のオオカミに由来し、かつては土地を荒らす植物と考えられたことからという。/種小名は「小さな花の」の意。
学名 Lupinus micranthus(=Lupinus hirsutus)
英名 Blue lupine、Hairly lupin 群馬県館林市:野鳥の森ガーデンにて
仏名 Lupin hérissé,Lupin à petites fleurs
独名 Zottige Lupine,Kleinblütige Lupine
伊名 Lupino irsuto
西名 Altramuz pludo
葡名 Tremoceiro-hirsuto
漢名 魯冰花,羽扇豆
植物分類 マメ科ハウチワマメ属
園芸分類 一年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 ヨーロッパ南部
花言葉
解説 カサバルピナスは、マメ科の一年草である。草丈は60~80㎝程度。全草に白色を帯びた毛が見られるのでケノボリフジの名もある。葉は長い葉柄を持ち、掌を広げたような形状である。茎は太くあまり分枝はしない。3~5月頃、茎頂に穂状花序を出し、紫青色の蝶形花を多数見せる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考