←トップ頁へ

検索名   ケントラントゥス・マクロシフォン    
和名 ウスベニカノコソウ
漢字表記 薄紅鹿子草
別名・異名 ナガバカノコソウ(長葉鹿子草) ケントラントゥス・マクロシフォン/ケントランサス・マクロシフォン/セントランサス・マクロシフォン
古名
語源 和名はベニカノコソウに比して花色が淡色であることから。/属名はギリシャ語のkentron(=距)とanthos(=花)の合成語から。/種小名は「大管の、長管の」の意。 撮影者:愛媛県 日原由紀子様 
学名 Centranthus macrosiphon
英名 Pretty Btsy,Spur Valerian,
Spanish Valerian
仏名 Valériane
独名
伊名 Camarezza tubulosa
西名 Alfeñique andaúz,Valeriana mayor
葡名 撮影地:オーストラリア・パース
漢名 キングス・パーク
植物分類 スイカズラ科(←オミナエシ科)ベニカノコソウ属
園芸分類   1年生草本
用途 路地植え、鉢植え
原産地 スペイン
花言葉
解説 ウスベニカノコソウはスイカズラ科(←オミナエシ科)の多年草である。全草無毛。茎は中空で、草丈は10~40㎝程度となり、基部から良く分枝する。葉は、長さ4~7㎝程度の広卵形で、縁部には鋸歯があり、先端部は尖り、基部には葉柄がつき、茎に対生する。4~5月頃、茎頂に円錐状散房花序をつけ、径1㎝程度で淡紅色の筒状花を多数付ける。花冠は5裂する。披針形(全縁、鋭頭、無柄)で、茎に対生する。 6~8月頃、茎先端部に円錐花序を出し、紅紫色の花を多数つける。花は長い花筒を持ち、花冠は5裂し、花の付け根には距がある。本種は開花時には芳香を放つ。 
履歴  本種は、スペイン原産の野草であるが、現在、世界各地で帰化状態にある。我が国へは文久年間(1861~64)に既に渡来し、現在各地で帰化状態にある。
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考