←トップ頁へ

和名 ケントラントゥス・カルキトラパエ
漢字表記
撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様

撮影地:ポルトガル コスタ・アズール地方


別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。
属名はギリシャ語のkentron(=距)とanthos(=花)の合成語から。
種小名はラテン語のcalcatrippa(=アザミ)とcalyx(=かかと、踏む)の合成語からでゲルマン語のtrap(バネ仕掛けで動物を捕らえる罠)の意。
学名 Centranthus calcitrapae
英名 Annual Valerian,
Pink Valerian
Cut-leaved Valerian
仏名 Centrante chausse-trape
独名 Fußangel-Spornblume
伊名 Camarezza minore
Valeriana calcitoreppora
西名 Valeriana española
葡名 Calcitrapa
漢名
植物分類 スイカズラ科(←オミナエシ科)ベニカノコソウ属
園芸分類   1年生草本
用途 路地植え、鉢植え、食用(若葉)、ポプリ
原産地 地中海沿岸地方
花言葉
解説 ケントラントゥス・カルキトラパエはスイカズラ科(←オミナエシ科)の1年草である。全草無毛。茎は中空で、草丈は30~80㎝程度となり、基部から良く分枝する。基部の葉は、長さ0.5~7㎝、幅0.4~3㎝程度の楕円形で、縁部には鋸歯があり、葉柄が伴ない茎に対生する。茎葉は、長さ10㎝程度の楕円状で、羽状に深裂する。3~7月頃、茎頂に大きな円錐花序を出し、白色~淡桃色で筒状の小花を多数つける。花冠は5裂する。本種は、開花時に方向を放つ。花後の果実は茶色に熟し、白色の羽毛状の細毛がつく。
履歴
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考