←トップ頁へ

検索名  ケンタウリウム・テヌイフロラム   
和名 ハマハナセンブリ              撮影者:沖縄県 田中 勝様↑
漢字表記 浜花千振
別名・異名 ケンタウリウム・テヌイフロラム
古名 撮影地:那覇市内
語源 和名は、本来海浜植物でありシマセンブリ属に属すことからか?/属名は、古代ギリシャ語の植物名kentaurionに由来していると言う。/種小名は、「細い花の」の意。
学名 Centaurium tenuiflorum
英名 Slender centaury
仏名 Petite centaurée à petites fleurs
独名
伊名 Centauro a fiori gracili
西名 Centaura fina
葡名 Centáurea-de-flores-estreitas
漢名 撮影者:愛媛県 日原由紀子様↓  
植物分類 リンドウ科シマセンブリ属  ↑撮影地:西オーストラリア州 
ホワイトマンパーク↓ 
   
園芸分類 1~2年生草本
用途 路地植え(ロックガーデン)/鉢植え
原産地 地中海沿岸
花言葉
解説 ハマハナセンブリはリンドウ科の1、2年草である。草丈は20~50㎝程度。茎は4稜を持ち、稜には翼がある。葉は倒卵形~披針形で、全縁、先端部は尖り、対生する。6~7月頃、径1㎝程度で,長さ1㎝程度の筒状花をつける。花色は桃色であるが中心部は白くなる。花冠は5裂する。
履歴 本種は、本来地中海沿岸地域原産の野草であるが、今日、世界各地で帰化状態ある。
我が国も例外では無く、各地から帰化状態にあることが確認されている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考