←トップ頁へ

和名 ケンタウリウム・マルティマム
撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様
撮影地:ポルトガル・アレンテージョ地方
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから
属名は、古代ギリシャ語の植物名kentaurionに由来していると言う。
種小名は、「海浜の、海岸の」の意。
学名 Centaurium martimum
英名 Yellow cantaury
Gentian of the beach
Sea centaury
仏名 Petite centaurée maritie
独名 gelbes Tausendguldenkraut
伊名 Centauro marittimo
西名 Centaura amarilla
Gentciana marítima
葡名 Centaurea-marinha
Genciana-de-praia
漢名
植物分類 リンドウ科シマセンブリ属
園芸分類 常緑多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/薬用
原産地 地中海沿岸地方
花言葉
解説 ケンタウリウム・マルティマムはリンドウ科の多年草である。草丈は5~10㎝程度となる。茎は直立し、上部で疎らに分枝をする。葉は楕円形で、全縁、鋭頭、無柄で茎に対生する。4~7月頃、茎頂に円錐花序を出し、径1.5㎝程度で黄色い筒状花をつける。花冠は5裂する。本種は、シマセンブリ属の中で唯一の黄花種である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考