←トップ頁へ

検索名  ケンタウリウム・エリスラエア     撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様       撮影地:ポルトガル コスタ・アズール地方
和名 ベニバナセンブリ
漢字表記 紅花千振
別名・異名 ケンタウリウム・エリスラエア
古名
語源 和名は、紅花のセンブリの意から。
属名はギリシャ神話に登場するCentaur Chironの名に因んでいる。彼がこの属の植物の薬用効果を見出したとされることから。
種小名は、「赤花の」の意。
学名 Centaurium erythraea
英名 Common Centaury
European centaury
仏名 Petite-centaurée Commune
Petite-centaurée rouge,
Erythrée
独名 Echte Tausendgüldenkraut
Kopfiges Tausendgüldenkraut
伊名 Centaurea minore
西名 Centáurea menor
葡名 Centáurea-menor
漢名 日本鬼燈檠、紅百金花
植物分類 リンドウ科シマセンブリ属
園芸分類 一年草・越年草
用途 路地植え/鉢植え/薬用
原産地 西アジア~ヨーロッパ
花言葉
解説 ベニバナセンブリは、リンドウ科の一年草・越年草である。草丈は60㎝程度となる。全草が軟質で無毛である。茎の断面は方形となる。葉は三角状楕円形で、全縁、先端部は鈍頭で茎に対生する。6~8月頃、茎頂に集散花序を出し、径1㎝程度で淡紅色の花をつける。花冠は5裂する。
履歴 本種は北米に帰化状態にあり、我が国でも1960年代頃より確認されている。 
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考